HARG®療法とは

グロスファクター注入治療との比較

●グロスファクター(EGFやFGF等)注入治療で、毛髪再生を行う場合もあります。しかし、『大腸菌』などから培養抽出されたグロスファクターのみでは、肉芽化する場合があります。

単独のグロスファクターでは複合的な効果が出ないことが検証されています。

  • サイトカイン製剤
    AAPE® Powder

  • グロスファクター製剤
     

  • 150種類以上のサイトカインが症状に応じて働きます。

    作用するサイトカイン

    効果

    VEGF

    KGF

    PDGF

    basic-FGF

    HGF 等

    →
    毛包の再生

    1.毛包の再生。

    KGF

    PDGF

    basic-FGF

    HGF

    VEGF 等

    →
    毛乳頭の活性

    2.毛乳頭の活性。

    KGF

    PDGF

    basic-FGF

    HGF

    VEGF

    Wnt類 等

    →
    毛幹の成長

    3.毛幹の成長。

  • VS

  • 単独目的の為に大腸菌などから抽出されています。

    サイトカイン効果を狙い単独または2‐3種のグロスファクター製剤を用いても同等の効果は望めません

    basic-FGF・KGF・IGF 3種類のみ

    =増殖因子のみ

    育毛に用いられますがVEGFやHGFなどが不足し毛乳頭・毛包が十分に活性されません。

    毛髪再生関連文献を参照

    basic-FGF単独 = 増殖因子のみ

    皮膚に良性肉芽を形成させる為の製剤として存在します。

    グロスファクター因子は増殖のみで抑制をしません。生体タンパク質のサイトカインは増殖抑制を行い、組織を暴走させる事無く、必要な再生を生体内で行います。

PAGETOP