HARG®療法とは

サイトカインの作用

生体タンパク質製剤、AAPE® Powderは毛乳頭の活性・毛幹の成長・毛包の再生などを増殖因子で促し、抑制因子が暴走をおさえる働きをします(増殖と抑制は部位によって働きを変えます)。

これらのサイトカイン作用は、AAPE® Powderの特徴であり、多くの文献が『自己ステムセル注入』と同等の効果を検証しています。このAAPE® Powderを用いたメソ注入治療がHARG®療法です。

サイトカインの放出

サイトカインの放出

加齢で失われた機能・活性が弱まった細胞が出す『炎症シグナル』に反応したAAPE® Powderの生体タンパク質が持つサイトカインは、まず、機能回復や活性を上げるための増殖因子群を放出し、毛乳頭や毛幹・毛包を元の状態に戻します。

放出される因子

b-FGF / KGF / IGF / HGF 等

幹細胞の増殖

幹細胞の増殖

時には手遅れで破壊されてしまう細胞があり、『アポトーシスシグナル』を放出します。それに反応したサイトカインは破壊された組織の細胞に成り代わる幹細胞を近接組織から呼び寄せ、増殖を刺激し、組織自体の再生を行います。

放出される因子

PDGF / b-FGF / KGF / TGFβ/ HGF / VEGF +Wnt類

血管の新生

血管の新生

成り代わった細胞や治癒経過の細胞や組織部位は虚血状態・低酸素状態にある為に血管を新生、増殖させ、元の正常な状態に戻るための環境を作り出します。

放出される因子

VEGF / IGF / HGF / PDGF 等

PAGETOP